ストリートダンス史

まず、ヒップホップ・カルチャーが発生する以前のソウルダンスやヒップホップのダンスを総称してストリートダンスと語られるようになるのは、80年代後半にストリート文化としてヒップホップ・カルチャーが一般化されてからだ。
 そのストリートダンス…。ここでは50年代の流れを踏まえた60年代からをストリートダンスの起源とする。ヒップホップの成立ちで記したようにヒップホップ/ストリートダンスとアメリカ黒人音楽/ブラック・ミュージックは共存しており、黒人文化/ブラック・カルチャーとも関わりが深いのでそれらと平行して記していく。

 先天的なリズム感を持ち、飛ぶ・走る等の身体能力に長けているアメリカ黒人。だが長き時代を差別と貧困の中で生きてきた。彼らは大きな成功を得るには持って生まれた能力で勝負する。スポーツ選手か音楽、ダンスの芸能世界が近道とされた。だが、そこにも待遇の差別があり、見せ物的な舞台もあった。
 アールデコの装飾で優美なアメリカ30年代のニューヨーク。ハーレムの『コットンクラブ』に代表される黒人芸能を売り物としたナイトクラブはデューク・エリントン楽団などの優れたアーティストを出演させていた。スウィング・ジャズの演奏とジャイヴ(Jive)やタップダンスで白人社交界の夜を彩る。その中で自身の楽団を持つ歌手、ダンサーでもあるキャブ・キャロウェイ(Cab Calloway)とタップダンス兄弟のニコラス・ブラザース(Nicholas Brothers)は特筆する存在だ。同じ時代のタップの名手であり映画俳優として活躍していたのがフレッド・アステア(Fred Astaire)とジーン・ケリー(Gene Kelly)。このふたりと比較するとキャブ・キャロウェイ、ニコラス・ブラザースのダンスはよりワイルドで、驚愕の足さばきや身体能力を使って踊る。それは、2メートル以上はある高いステージからジャンプして開脚スプリットで着地して踊り続ける。黒人らしい個性と躍動感、そして新しいステップの開拓。黒人ダンサーの多くにこうした考えが受け継がれていく。

80年代初期、ヒップホップ・カルチャーを題材にした映画が何本も制作され、世界の若者の心をつかむ。メディアは街角から発生したヒップホップをストリート・カルチャーとも表現した。脚光を浴びたヒップホップは活動の場を変化させる。街角のアンダーグランド(裏舞台)からメインストリーム(表舞台)へと…。
 続々と登場するラップ・アーティストはヒット曲を量産、DJは街角からスタジオへ移動して広く音楽制作に関与していく。これまでスプレー缶による落書きとされていたグラフィティは芸術として画壇/アートシーンで語られるようになる。
 そして、ブレイクダンサーたちとダンスは、テレビやスクリーン、舞台でも見られるようになった。
 そうした80年代の中頃、ふたつのダンスミュージック・スタイルが生まれる。
 アメリカ/シカゴのDJが70年代フィラデルフィア・ソウルのリズムをヒントに、腹に響く重低音ビートを延々とループさせた。いままでとは違うダンス感性を刺激するハウス・ミュージック(House Music)はすぐにニューヨークのダンスクラブにも飛び火して、世界へと広がる。
 そして、10代の若い力が新しいダンス・グルーヴを生み出す。それが歌とラップを融合させたニュージャック・スウィング(New Jack Swing)。軽快に弾む16ビートが心地よいニュージャック・スウィングのサウンドは世界のヒットチャートをジャックする。
 日本も例外ではなかった。
 80年代後期の日本、ダンスが上手な歌手のボビー・ブラウンとラッパーでダンサーのMCハマーが大人気に。とくに彼らのダンスとファッションに注目が集まった。若者たちのライフ・スタイルにも大きく影響してダンスブームを引き起こし、ダンスが競われるテレビ番組も人気になってダンス人口を急増させる。
 だが、このニュージャック・スウィングという呼称が定着するのは90年代初めになってからのことだ。それまではラップのヒップホップと歌のソウルを合わせてヒップホップ・ソウル(Hip Hop Soul)とも呼ばれていた。このこともありカルチャーのヒップホップとは別に、こうした音楽で踊るダンスのことをヒップホップ・ダンスと呼ぶ人が増えていく。それがそのまま浸透し、現代のヒップホップ・ダンスに至っている。

70年代の中頃、ニューヨーク市ブロンクスのDJを中心とした若者たちが新しい表現様式を発信しはじめる。
これが熟成して形を成すのが70年代の後期で、世界的なディスコ・ブームの頃だ。すでに産業として巨大化したディスコは事業の多様化を探っていた。こうした時代の風潮とは離れ、ブロンクスに住む若者たちは純粋にビートの進化や表現手法にこだわる。街角/ストリートから発信するそれをヒップホップと呼んだ。
 ヒップとホップ、この造語の語源や意味は現在まではっきりと定義されていないが、新しくて格好良く(Hip)躍動(Hop)するという意味合いと推測出来る。

 街角の壁などをキャンバスにスプレー缶で描かれる/グラフィティ(Graffiti)。
 DJは数小節のブレイクビーツ(Break Beats)をくり返し/ループ(Loop)させ、レコード盤を擦る音/スクラッチ(Scratch)を操る。
 そのリズムで韻(Rhyme)をふみ、喋る/ラップ(Rap)。
 そして、路上に段ボールなどを敷いてつくられたダンススペース。ダンサーたちはDJが発するリズムにいままでに無いムーヴのブレイキン(Breakin’/ブレイクダンスと記しているケースも多いが正確にはブレイキン)で応える。
 このグラフィティ、DJ&スクラッチ、ラップ、ブレイキンの4要素がヒップホップと定義されている。

 1979年、シュガーヒル・ギャングというグループの『ラッパーズ・ディライト』というラップ曲が大ヒットする。この曲がラジオやディスコで頻繁にかけられたことでヒップホップとラップの存在が一般社会でも認識された。

 現在ではヒップホップという言葉を単に「ダンスのスタイル」や「ダンスを踊る=ヒップホップする」と捉えている人が圧倒的に多い。だが、ヒップホップとは本来カルチャーの総称であって、ダンスはその要素のひとつなのです。ダンスを表すのであればヒップホップ・ダンスと表現するのが適当であろう。
 ヒップホップ・ダンスは舞踏家によって研究開発されたものと言うより、仲間との連帯の中での自己表現・主張の形として発生している。基本基礎となるダンスムーヴをもとに拍子/ビートで踊るリズムダンスであり、他のジャンルのダンスよりも踊り手による表現の自由度が高いのが特徴だ。そして、ソウル・ミュージック(Soul Music)、ヒップホップ(Hip Hop)、アール・アンド・ビー(R&B)など、時代やリズムの変革と共に呼び名が変えられるアメリカ黒人発の音楽であるリズム&ブルース(Rhythm & Blues)と共存している。

まずはヒップホップの成立ちを簡略して記す。

ヒップホップ(Hip Hop)。
 俗語としてのヒップ(Hip)という言葉は50年代後期のアメリカ・ニューヨーク市ダウンタウンに住むボヘミアニズム (Bohemianism)の芸術家、作家たちの中で使われていた。ビート・ジェネレーションとも言われた新しい価値観や表現を探る人たちの間で、新しくて格好良いとの意味で使われていたのが「ヒップ」という表現。そんな生き様に長けた人を「ヒップ・スター」と呼んでいた。多くから好まれていた音楽がハードバップ(Hard-bop)やクール(Cool)というスタイルのモダンジャズ(Modern Jazz)で、その軽快感/グルーヴ(Groove)に身体を揺するようにしてダンスしていた。
 その後の60年代中期のアメリカで既成の体制を否定し脱社会へ価値観を求めたヒッピー(Hippie)思想が発生する。やはりボヘミアニズムに共通し、ヒッピーという言葉からはヒップからの変化型が感じとれる。このヒッピー・スタイルといわれた文化は世界中の若者に大きく影響を与え、とくにフォーク・ソング(Folk Song)、視聴覚を刺激するサイケデリック・ロック(Psychedelic Rock)、先進的/プログレッシブ・ロック(Progressive Rock)等の音楽による表現は大きな指示を得る。
 同じく60年代の中後期はアメリカ黒人にとって公民権運動や差別撤廃運動を背景にした黒人文化の主張の時代であり、黒人たちはサイケデリック要素にファンキー(Funky)なリズムを加えたサイケデリック・ソウル(Soul)でメッセージし、ダンスする。

 同じ頃、日本もこうした文化の影響を受ける。だが、その多くは芸術や音楽への影響で、ダンスへの関心はまだ特定少数。だが、70年代に入ってアメリカのテレビ番組『ソウルトレイン/Soul Train』が放送されて変化していく。